投資と税金について

投資と税金について

僕の場合、フリーランスという立場上、サラリーマンの方より税金について触れる機会が多いと思います。

ただ、自分が会社員をしていたころは、税金に対して全く無頓着で、給与明細のうち、何が税金として徴収されているか、全く興味がなかったですねw

そして今回、FXで確定申告するにあたって、また新たな知識を吸収することができました。

将来お金持ちになりたい人は、ぜひ次の事実を知っておいてください。

FXの税金は安い!

FXの利益は、雑所得に該当します。

そして雑所得は、年間20万円を超える場合、どれだけ稼いでも税率は一律20%です。

実はこの税率は世界的に見ても安く、投資でお金を稼げるお金持ちは、ますますお金持ちになるという構造になってきます。

投資で一億円稼いでも、徴収される税金は2000万円であり、累進課税は適用されないためです。

一方で、所得税は高く設定されています。

サラリーマンとして働き、給与所得だけで年収1000万円という人は、なんと33%も税金として徴収されるのです!

経営者や役員クラスで、年収が1億を超える人は、累進課税によって半分も徴収されてしまいます。

これが日本のルールであり、多くの労働者が、そういうものだとして受け止めていますよね。

しかし、なぜこのような構造になっているのでしょうか。

本来であれば、累進課税は格差が広がらないための制度です。

それにもかかわらず、所得税が高く設定されているのは次の理由があります。

サラリーマンから徴収するのが手っ取り早い!

日本の国家予算は、労働者の税金によってまかなわれています。

そのため、より多くの財源を集めようと思えば、サラリーマンの所得税を高くするというのが、最も効率よい方法になっています。

皆さんも考えてみてください。

税金について詳しい人から徴収するよりも、無知で何も考えていない人から徴収する方が、手っ取り早いですよね。

その事実として、大抵のサラリーマンは税金について無頓着であり、増税されても愚痴を言うだけで、特にアクションは起こしません。

日本政府はそこに付け込んで、年々所得税をアップさせているというわけですね。

だとすれば、やはり自分のお金を守るためには、給与所得に依存するのは非効率と言うよりありません。

税金の安い雑所得からの収入を増やす方法が、賢い選択だとは思わないでしょうか。

TOPページを見る